しゅへさんのちょっとアツくなる話

和澄家・小野家結婚式2次会

和澄家・小野家結婚式2次会

 

 

 

今週はしゅうへいが担当します

 

先週の記事

ガバ通信「DJが教える、役に立つ音楽豆知識」 - L.E.F BLOG

冒頭にもありましたが、先月無事結婚式を挙げることができました

たくさんのお祝いありがとうございました

 

レフのみんなには余興をしてもらって嬉しい限りです

結婚式の余興と言えばこれも合わせてチェックしてみてください

 

www.youtube.com

 

▼余興込みのフルver.はこちら

青山結婚式余興 「劇団青山」 - YouTube

 

 

さて本題に戻りまして

 

7月15日(月)に

Battle Of The Year Japan 2019

がありましたね


なんやそれって方もいると思うので、簡単に説明すると

 

Battle Of The Year (通称:BOTY)は、1990年にスタートしたCREW世界一を決めるブレイクダンスの大会ですね。僕と同い年。

 

そんでもって15日に開催されたのが、BOTYの日本予選ってわけです。

大会のシステムは予選ショーケース本戦CREWバトル

 

もちろん優勝チームのみが日本代表として世界大会へ出場できます

 

僕がこの大会を知ったのがダンスを始めて間もない頃だったので2008年頃ですかね

bboyなら1度はこのショーケースを見たことがあるのではないかと思います

 

www.youtube.com

 

14年経った現在でも語り継がれる伝説のショーケースですね

 

僕が大学生の頃はそこまでYouTubeが浸透していなかったので (自分が知らなかっただけ) こんなすごい人たちがいるんだなー、学園祭でも緊張するし俺には無理だなーなんて思ってました

 

日本はBOTYの世界大会でベストショーを何度も獲得しているので(おそらく一番多い)予選もかなりハイレベルです

 

出場するのにも何と表して良いのか分からない「覚悟」みたいなものが必要だと勝手に思ってました

 

出場するったって一緒に踊る人がいなきゃダメだし、みんな他にもしたいことあるだろうし、勉強とかバイトとか、デートとか・・・それに出場機会なんてないし、仮に誘われても、もっと上手くなってからだなー (bboyあるある)

 

そんなことを考えながら大学生活を送っていたら、このトレイラーが世の中にボムされたわけですね

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

これらのトレイラーは2011年と2012年に公開されました

 

このトレイラーを見てBOTY出てみたい!bboyってやっぱかっこいい!

素直にそう思いましたね

 

同じ感情を持ったbboyいるはず

 

僕自身2014年に初BOTYを経験するわけですが、頭も顔も真っ白でした

こんなに緊張するもんかと

 

2011年のトレイラー 3:03~あたり

「手よ足よ, 今日だけは震えないで」状態でしたが、

 

 

 

 

 

がっつり震えまくり、願い届かず


ショーケースの時間も数分だし、自分の見せ所は一瞬かもですが、その積み重ねがCREWのショーケースになるわけですね

 

その瞬間のために多くの時間を費やして、けんかして、ケガして・・・

 

結果はどうであれ、その過程を仲間と経験できることはとても幸せだと僕は思います

 

f:id:lefblog:20190719101415j:plain

BEFEEMOSS

bboyはアツいです

 

語りまくりスイッチが入りそうなので、最後にもう1つ見てもらいたいショーケース紹介して終わります

 

またね!

 

www.youtube.com

 

 

 

 

ガバ通信「DJが教える、役に立つ音楽豆知識」

こんちやす!

 

改めてシューヘイ、ゆうこ結婚おめでとう!!

愛してる!

最高!!

 

そして

GABAウォッシュ

 

この間誕生日を迎え、とうとう29歳になってしまいました!

f:id:lefblog:20190713113912j:plain

※16歳...

 

はやいものですね〜〜〜

 

新潟にUターンしたのが22歳。

LEFの皆と出会ったのが23歳

 

皆おじさんになっていきますね!

いやだけど、レフの皆みたいなかっこいい年の取り方をしていきたいものですね。

 

 

今日は何の話をしようかな〜〜っと

 

前回安くて旨い新潟のランチの話をしましたが、

クソつまんなかったので、やはり音楽の話に戻します。

 

ズバリ

 

「DJが教える、役に立つ音楽豆知識」

 

まあ、ダンサーなんですけど。

 

Q1!!!

 

●クラブで気になる曲がかかったとき、DJに直接の聞くのは失礼?

A,正解はないです。自分のネタとしてよく使っていて、レーベルの部分にマーカーを引いたり、シールを貼ったりして隠している人もいます。(PCで言うと、曲名を非表示にしたり)。そーゆう場合は深く突っ込まないようにしましょう。あとはミックス作業が忙しいときは聞かないようにしましょう。

ただ、基本的には普通に嬉しいです。

 

●ヘッドフォンの価格差での違いは?

A,めちゃめちゃはしょりますが、サウンドの傾向には実はさほど大きな差はなかったりします。正確にはあるんですが、人間が細かく判断できる差ではないことが多いって感じです。最も大きな違いは装着感だと思います。個人的にはその装着感や、大きさ、デザインの好みを優先して選んでしまっていいと思ってます。

 

●楽曲データを購入できるサイトって色々あるんですか?

A,あります。皆さん有料でデータを落とす際は、itunesストアが多いでしょうか?僕もよく使います。他にもBeatportやdigiwaxやrecodd poolなど様様なサイトがあるので、好みに応じて使い分けてみましょう。僕はbeatportによくお世話になっています。

 

●圧縮音源ってなんですか?

A,楽曲データなどの容量を小さくするために活用するされるのが、圧縮音源です。圧縮音源には2種類あり、一つは若干の圧縮は行うものの、データを元の形に戻れるタイプの可逆圧縮形式。音質的には有利ですが、圧縮率は低くなります。もう一つは、非可逆圧縮形式。元のデータには戻せないため、音質は劣化してしまうが、容量を非常に小さく出来るメリットがあります。楽曲データで一般的なmp3やAACはこの非可逆圧縮形式で、更にビットレートという値で圧縮率の大小をコントロールできます。たとえば、16〜320kbpsで圧縮率を設定可能で、数値が大きいほど音質劣化は少なくなりますが、ファイル容量は大きくなります。

 

●楽曲データの種類を知りたいです

A,この一つ前の回答と組み合わせて読んで下さい。

・非圧縮音源→WAV(ワブ、ウェーブと呼ばれる)、AIFF(エーアイエフエフ)

非可逆圧縮形式音源→MP3、AAC

 

非圧縮の方が音質的には有利ですが、容量が大きくなります。WAVとAIFFの違いは、WAVは元々windows用の形式で、AIFFmacの型式のために作られたものといった感じです。

データとして汎用性が高いのは圧縮音源なので、MP3データが一般的には多く使われています。

 

 

 

長くなりそうなので、今日はこの辺にしておきましょう。

 

皆も音楽の知識を正しく持って、ダンサーライフや学校生活、サラリーマンライフを楽しんでいきましょ〜〜〜!!

 

あと一応報告ですが、

 

2年住んだYokohamaを離れ、

自由が丘に引っ越します!!

 

世田谷区、シティーボーーーーい!!!

 

シティボーイになりたいけど、なりきれない新潟県上越市系男子。

 

都内に遊びくることがありましたら、連絡ください。

 

お部屋広いですよ〜〜〜〜〜

 

 

最後に、

ガバウォッシュの新譜紹介コーナーで終わります。

鎮さん、ゼンラさん、GリナさんによるユニットFNCY

 

非常にダンサーライクなサウンドになっております!!

 

www.youtube.com

ビデオマニア part.3

どうも!

 

先週久しぶりにバトル行ったら観客の皆さんの盛り上がりどころと僕の盛り上がりどころが違い過ぎて、笑い声が若干浮いて恥ずかしかったBaGuです!

 

今日はそんな中でもメンタリティーが超人的な人を紹介します!

 

まずは動画をご覧ください👇

https://youtu.be/Z1nzIFdfsMs

 

そうです!

 

泣く子も黙る

Flat top]

です🙇‍♂️

 

6:00〜観て頂ければバッチリです。

 

今で言うアニメーションの

 

・ストロボ

・スローモーション

マトリックス

などのスキルをここまで音楽として消化しているのは2019年の今現在でもflat topしか見たことがないです!

 

というか、生で見てみたい人物No.1

 

説明不要過ぎるけど

 

解説させて頂きます笑

 

 

まずはストロボのスキル!

 

 

よく見ると

 

ストップ

 

ネジル

 

ヒット

 

瞬間移動みたいの

 

 

などなど複雑に入れ混じって音楽を表現してます。

 

かつ!

 

時折見せる

 

脱力した足さばき

 

 

そしてなんと歌メチャクチャうまいんですw

 

👇

https://youtu.be/aCz86qY4udk

 

 

うまいというか

 

 

 

なんでストロボしながらビブラート効かせて歌えるんですか笑笑

 

 

 

どなたか

 

世界遺産として登録してあげてください!

 

 

そんなレジェンドオブ伝説な彼が

 

2015年にアメリカの老舗バトルイベント、フリースタイルセッションにバトラーとして参加して話題になりました

 

👇

https://youtu.be/V94OUC33hZg

 

決勝の模様です

 

特に2ムーブ目の

3:10あたりのスローモーションは

 

僕には音が歪んで見えました笑笑

 

やってる事は凄くシンプルだと思うんです

 

 

 

けどメチャクチャ感覚が騒ぎ立てられる瞬間が彼のダンスには詰まってます

 

90年代の

HIPHOPダンサーも彼にインスパイアされている人も多いはずです

 

 

僕は年に12回くらい彼の動画ブームが来ます笑

 

 

誰か

 

 

どなたか

 

 

Flat topを

 

 

新潟に呼んでくださいw

 

当たり前じゃねえから!!

最近人を褒める事を意識して生活してます。

 

f:id:lefblog:20190628173832p:plain

 

 

あれ?ブリングバック、セルアウト(商業的にダサくなる事)してる?と思った方、、、

 

その通りじゃボケえええ!!

 

セルアウトしてなんぼだろ!!

 

いい物はいいって、少しの勇気を持って伝えるだけ!

 

だって僕が褒められたいんだもん!!

 

はい、、でだ、、何を褒めると人は喜ぶのか、または何を褒められたら自分は嬉しいのか考えてみたのだけど、、

 

女性だったら服装?髪型?ネイルとか? 男性だったら、筋肉?上腕二頭筋?腹直筋?大臀筋

 

確かに筋肉褒められて、やたら筋肉触りたがる女子に触ってもらったら嬉しいし鼻の下伸びすぎてブラジル行く。

 

でも、もっと嬉しい事あると思うだよ、、

 

成功した事、結果が出た事、に対して褒めてもらえる事も確かにものすごく嬉しいし、分かりやすい、、

 

でも何かね、、もっとあるだよ、、

 

って考えた結果、、

 

当たり前だけど実は努力の上に成り立ってる物事の努力の部分を褒めたらめっちゃ嬉しいんじゃね!!!??

 

って思ったわけよ。

 

思ったきっかけはこのツイート

 

 

勝手に使うけどタイタン君のツイートね、、

 

一見、闇が深すぎる社会人2年目って感じするよね?マリアナ海溝の深さね。

 

でもここで「いや、タイタン君よくやってわよ、私はわかってる、君がいっつも頑張ってる事知ってる」なんて言ってくれるエロい女性上司がもし仮に、100万分の1%の確率でいたとしたら、、

 

タイタン君めっちゃ嬉しいと思うし、秒で惚れると思うんだ、、

 

僕だったら秒速5センチメートルくらいの速さで山崎まさよし脳内リピートの状態で惚れる、間違いなく。

 

で、、ここで「当たり前」について考えてみたんだよ。

 

本当に当たり前って当たり前なのかって事ね。

 

ウインドミルって技

bboyの現場に行ったりすると当たり前の技で、今のbboyの中ではもはや基礎の技なんですよ、実際僕の生徒にはそう教えていますし。

 

でもウインドミルってみんなメッチャ努力して体得したし、一般人から見たら物凄い技なんですよ。

 

当たり前じゃないんですよ。

 

働く事

タイタン君含め皆んな働いてますよね、学生はアルバイトとかしてる、こんなん正に当たり前じゃないですからね!!!努力ですよ!!

働きたくはねえ!!辛いし!!好きな事したいし!!アニメ見たいし!!映画見たいし!!本読みたいし!!ずっと寝たいし!!

 

当たり前じゃないんです。

 

野菜が買える

これも必ず作ってる農家さんがいますし、さらに美味しいものを作ろうと努力してるんですよ!!

新潟なんて特に、美味いものしか無いから、僕含め味覚がバグってて、みなさんメッチャ美味い物毎日食ってますからね!!マジで、、、ある人が言ってたんですが海外の人を新潟でアテンドしたら「ここは宝の山だ!!」って言ったんですって!!

 

当たり前じゃねえ!!長渕剛のろくなもんじゃねえ風)

 

歩く

おいおいブリング、、歩くは流石に当たり前、、、、

 

じゃ、、、ねえから!!!!

 

ぜんっぜん!!当たり前じゃねえから!!!!

 

僕の倅9ヶ月の赤ちゃん、一歩も歩け無いから!!歩行機乗ると調子こいてドヤ顔で歩き回るけど、支えが無いとぶっ倒れるから!!

 

9ヶ月経って歩けないとか、普通にサバンナに1人でいたら即死だぜ!?だから今メッチャ歩くトレーニングしてますよ倅は、、歩くようになったらサバンナ行こ。

 

当たり前じゃねんだよ!!!

 

 

もう世間にある物事大体が当たり前じゃ無かったんですよ、是非みなさんも考えてください。

 

当たり前は努力の上に成り立っていて、「当たり前=努力」なんじゃ無いか?と思うようになったんですよ。

 

で、さっきも言ったけど、その努力の部分をフックアップして気付いてあげる事が大事なのでは無いか?って考えるようになって、

 

むしろその部分を積極的に自分から発進する事もアリよりのアリだし

 

それが「エモ」(感情的にいい)に繋がったり「カタルシス」(ボヘミアンラプソディー的なアレ)になったりするんじゃ無いか?とかね、、

 

最終的に何が言いたいのか分からなくなっちゃったけど、、

 

生きてる事も、息吸う事も当たり前じゃ無いのかも。

 

ダンサーで言ったら踊れる事なんてマジで普通に凄いことやで、、

 

タイタンファイト!

 

ぽやしみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アツシの狂人遊戯〜合コンあるある編〜

どうもみなさんこんにちは、狂人アツシです。

 


今日は、なんかこの前ふと思い出した

「ダンサーの合コンあるある」(アツシver.)

をお送りしたいと思います。

僕は特に合コンキングというわけではありませんが、数少ない合コン経験のなかでの「あるある」をご紹介していきたいと思います。

笑っていただければと思います。

 


それではスタート!😘

 

 

 

①見た目で、え?ダンサー?ホントに?と、一回疑われがち


僕は基本友達はダンサーしかおりませんので、一緒に参加するメンバーもやはりダンサーさんになるわけですが、女性陣から、

「皆さんはどういった繋がりなんですか?」

と質問があると、

「我々はダンスをやってて、その繋がりなんです」

と答えるわけです。そうすると僕なんかはやはり、人より少し豊満な見た目をしているわけですから


「え?アツシくんも?」


と、一度疑惑をかけられますので


「そう、僕のジャンルはダンスの中で太っててもいいジャンルなんだよね。ははは」

f:id:lefblog:20190621032926j:image


と、ちょっとよくわからない自虐を言ってしまいがちなのです。このくだりは大体ありますから、もう慣れたもんですわ😎

 

 

 

 

②え?POP??  ってなりがち

 

①のくだりからの続きで

「ダンスってどんな感じのやつなんですか?3代目みたいな?」

てな感じで話が進んでいくのがよくある流れなんですが


A君「僕はブレイクダンスかな」

女子「えー!すごーい!クルクル回るやつ!」

 

B君「俺はヒップホップ。」

女子「あー、知ってる、かっこいいよね!」

 

C君「俺もブレイクなんだよね」

女子「そうなんだー!なんかやってそう!筋肉すごいし服装とかもそんな感じ!」

 

アツ「俺はPOPっていうのを...」

女子「え?ぽ、ぽっぷ?」

アツ「そう、なんかロボットみたいな^_^」

女子「へぇー不思議なやつなんだね」

と、遠慮しがちな僕は上手く説明できません。筋肉を弾いてどったらとか、ブガルーがなんて話すわけにもいかないので、話を広げられないわけであります。

POPの認知度はまだまだ低いですから、少しでも知ってほしいという思いで、僕はショーケースに積極的に出るようにしているのです。

これからは機会があったらダンスイベント以外でも踊りたいなぁって思ってます。

なんの話やこれ

f:id:lefblog:20190621033032p:image

 

 

 

③カラオケでランニングマンやらされがち

 

それなりに盛り上がったりすれば、そのままカラオケへ!なーんてこともあったりします。

僕はカラオケは好きではないのでできれば避けたいんですが、やはり世間では二軒目の定番であることは間違いありません。


そこではちょっと陽気な女の子なんかは


「私3代目歌ってあげるからさー、踊りなよー」


なんていう大変ご機嫌に顔面蒼白になってしまう事を言ってきたりすることもあるわけです。

 


「PV流れるからさ、一緒にやればいいじゃん!ほら!きたよ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!」


と、手拍子と共に掛け声がかかります。

こうなってしまってはもうやるしかありましせん。だってやらないとノリが悪いってなるんだもん。

ランニングマンをしている時の男性陣の顔を見ることなんてできません。だって哀れみの目をしていることは容易に想像できるからです。

 

これはランニングマンなんかじゃない…ランニングピエロだ!

頭の中では機動戦士ガンダムの「哀・戦士」が脳内再生されます。

f:id:lefblog:20190621033243j:image


あとついでに言うと、僕はカラオケの会員登録をやらされがちです。

 

 

 

 

④帰る時のダンサーならではの握手、イジられがち


なんとかランニングマンを終えると、耐えられなくなった男友達の一人が

「お、俺、明日早いから帰るわ」

と、言い出します。

ここでダンサー間ではお馴染みの握手でのご挨拶が始まります。我々はもうこのご挨拶に慣れすぎてしまっていますが、この習慣がない人達にとっては異様な光景に映るのです。

 


女子「えーwwなんかラッパーみないな握手してるんだけどーwウケるwwwホントにやるんだねそーゆーのwww」


と「ヘイYo!  チェケラー!」と言いながら女の子同士でやり合い始めます。

f:id:lefblog:20190621033250j:image


こういう時は我々はどうしているかと言うと

 


そうです。

 


ニコニコしています。

f:id:lefblog:20190621033300j:image


もうこれしかないのです。消耗しきっているのでニコニコする力しか残っていないのです。これが最後の力です。

 

 


⑤合コン後今日はありがとうとLINEをしてもスタンプのみで返されがち


文字の通りです。

 

 

 

 


さぁ、いかがでしたでしょうか。笑っていただけましたか🤗

この他にも

「後輩、髪を異様にパリッとキメて来がち」

「男友達の一人が自己紹介で本名とは程遠いダンサーネームを名乗ってしまい、女性陣に戸惑いを与えてしまいがち」

などもありますね。

 


僕ももう33ですし久しく合コンはしていませんが、若い皆さんはどうか楽しい合コンライフをお過ごしくださいね🥰

 

 

ということで、今週も読んでいただいてありがとうございました!😊

 

明日はレフメンバー周平の結婚式!💑思いっきりお祝いしたいと思います!

 


改めて周平🤵🏻ユウコ👰🏻おめでとう!🎉🎉🎉

気ままにAoyama#3僕が思うバトルのあれこれpart2

皆さんこんにちは

 

Aoyamaです

 

先日ベヒーモスのカズミがBC ONEのJAPAN予選の出場権を獲得したとのBIGNEWSが新潟を駆け巡りました

他ジャンルだけど嬉しかったですね

新潟で頑張ってる仲間として嬉しいけど、なんか悔しいです笑

若い子、他ジャンルの子達にこの土地でも地道に努力を続けてれば自分が思い描くステージに上がれんだよって背中で見せてくれましたね

僕自身も刺激になりました

ありがとう&ぶちかましてくれ!

 

さてさて前回から語り始めた僕が思うバトルのあれこれ

 

前回はバトルイベントに限らずイベントがある事にたいしての有り難みみたいな事をかきました

part1で大分ながくなっちゃいましたね笑

僕はイベントに参加する側、中嶋さんのこの前のBlogではオーガナイザー側の考えが書いてあるので読み比べるとおもしろいかもです

 

普段自分が思ってる、感じた事って中々不特定多数の人に言う事はないので、

ここで吐き出してるだけなので暇だなって人が見て下さい

 

ではでは

 

最近ジャッジなどもさせて頂きありがたい事に総評など聞きに来てくれる子もいます。

 

そこで結構多いのが

 

「今日どうでしたか?」とか

保護者さんから「うちの子上がれなかったんだけどダメでしたか?」とか

 

今日どうでしたか?は色んな意味合いが含まれてるだろうからその時見て思った事や自分の経験から学んだ事を言いますが、ダメでしたか?は…

 

ダメじゃないぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!

 

と声を大にして言いたい!

 

そもそも調子の良し悪し、楽しめた楽しめなかったは普段に比べて踊った本人が1番分かってると思います

その質問を投げかけてくるって事はあんまりバトル経験が少ない子の保護者さんに多いと思います。

もちろんなにがなんだかわからない部分もあると思うので投げかけてくる事にたいしては特になにも思ってません

ダメなんて事は1つもないですよー!!

とこのブログを見てる方に伝わればm(__)m

 

 

まず参加を決意した本人に拍手👏

経験がない子は特に不安がある中で一歩踏み出した勇気を持っただけでダメじゃないし、素晴らしい事だとおもいます

 

上がる上がらないは様々な要素があります。

フリースタイルならジャンルや音楽、ジャッジ個人の見方、サークル内のレベル、スキルやダンスの部分など上げたらきりがないほど不確定な部分が多く存在します。

上手い人でも予選で落ちるときは落ちるし

 

なので自分がどんなに良いダンスをしても100%上がるなんてことはないですよね。

 

 

だからダメとかは一切ないです。

 

「勝ち負け」

 

バトルに出ると決めて

俺今日エントリー費払って負けに行くわ!!

って人はいないですよね

 

でも最近その「勝ち負け」で「ダンスの内容」の全てを判断する人が増えたと思います

確かに勝つは凄い事だと思います

自分の努力や積み重ねたものが分かりやすい形で出るものだし、単純に嬉しいですよね

 

でも負けたからダメだ。勝ったから良いんだみたいな見方はあまり良くないと個人的には思います

これは勝ちにこだわりを持ってる人を否定してるわけでなく、勝ち負けで内容の良い悪いを判断して欲しくないって話です

 

負けた人でもその日1番覚えてるって事多々あるし、そう思わせることがダンサーとしては1番の賞賛なんじゃないでしょうか

 

予選上がるぞとかこのバトル勝ちたいなとかをモチベーションにする事は目標があって凄く良い事だと思います

 

でも本来ダンスはアーティスティックなものだし比べられないものだと思います

 

じゃぁなんでバトル出んの?って話になりますよね

 

僕個人的な考えですが

 

「自分へのチャレンジ」

 

が1番大きいです

 

自分の成長を確かめたいし、出る事でモチベーションをキープしたり、色んな人のダンスを観て学ぶ事も多いしと結構自分本意でバトルに参加しています

 

なんで負けたかわかんねーってバトルもあります

でも時間が経って思い返すと自分こーだったなぁ、確かにそうみたら負けだなぁと理解が深まれば納得できるものもあります。

未だ解決してないバトル何個かありますが笑

 

僕はバトラーではないです。

まだまだ言うだけの実力不足はありますがダンサーとしてバトルに出てます。

勝ちにこだわるダンスよりも自分の表現したいものをその瞬間に落とせればなぁてのを常々思っています

これが中々難しいのですが笑

緊張しいの小心者なので

 

僕個人としては勝ち負けよりもまず自分がどうだったかを1番大事にしています。

 

なので皆さんもまずは相手や周りとくらべるよりも昨日までの自分と比べてみてはいかがでしょうか?

そこに毎回考えたり気づきがあったりするとステップアップしていけてチャレンジが楽しくなると思うし、

この世界上には上がいます

登れる階段が無眼にあるってすごいですよね

ダンスを知ればしるほど抜け出せなくなる底なし沼です笑

でもそれが楽しい

なんでも3日坊主だった僕がここまで続けてるのでその底なし沼の楽しさは保証します

 

要約すると

勝ち負けで内容を判断するよりも昨日までの自分と比較したらチャレンジもバトル自体も楽しめるかと思います

 

 

また2行で書ける内容を2000文字以上ぅぅぅ〜〜

 

今大阪に向かってる最中にかきました

チャレンジしてきます!昨日までの自分超えたります!

 

 

SHARE THE GOOD TIME👍

 

 

 

 

 

 

 

 

NAKASANPO 3歩目 イベントオーガナイズについて

みなさんお疲れ様です!

 


早いものでL.E.F Blogも3週目に突入しました!

毎回パンネタと趣味のネタ過ぎると流石にまずいかなっと思いまして、今回はダンス関係の内容を書きたいと思います!

 


今回のテーマはズバリ!

「イベントオーガナイズ」について!

f:id:lefblog:20190607104954j:image

※写真は7年前くらいのRUSH


です!

 


僕たちが若い頃と違いまして 今は毎週の様にダンスイベントがあります!

ほんと有難い事な反面!親御さんは毎週土日にダンスイベントに引率な週末をお過ごしかと思います。

 

f:id:lefblog:20190607105152j:image

 

かく言う私 中嶋も25歳位からダンス発表会の仕組みや段取りをする様になってスタジオ作ってからはバトルイベントを企画したりと10年ちょっとイベント企画やイベント作りに携わってきました。

 


10年前の新潟ではブレイクシーンではアシタカ君が唯一定期的にブレイクイベントを開催してくれてましたが、フリースタイルイベントなとは殆どなく、タカヒロ君が企画する新潟一歴史のあるバトルイベント!「O.D.S」とL.E.Fメンでもあるくっきーの企画する「2 on2BATTLE COLOFUL」くらいしかなかったんです。

 

僕の方もうちのスタジオ開設して直ぐにキッズダンスバトルとして「SEED」ってイベントを定期開催してました!当時は新潟市内でもかなり走り的なキッズバトルでそれまで新潟でキッズバトルは1〜2回目開催された事があるくらいだったのでエントリーもかなり少なく細々とした開催でした笑

f:id:lefblog:20190607110543j:image

f:id:lefblog:20190607113550j:imagef:id:lefblog:20190607113559j:image

参加メンバーが若いですね笑

 

 

 

さて

イベントを開催する上で大切な事は多々ありますが、僕が駆け出しの頃、オーガナイズの勉強で関西のイベントの手伝いをさせてもらいに行っていた時に教わった、イベントを行う上で外せない とても大事な事が3つあります。

 

僕は今でもそれを大切にしつつイベント企画を進める様にしています。

 

 

 

それは

 


オーガナイズ(企画内容としての意味)

DJ

MC

 


の3つです!

 

 

 

もちろんオーガナイザーが居なきゃイベントは成り立たない訳ですが、どんなコンセプトにするか、キャスト(DJとMCなど)は誰にするか、イベント運営に適切なスタッフ数は何人か、事前準備がキチンとされているかなど、オーガナイザーが考えた方針が企画 運営 全てに関わってきます。

f:id:lefblog:20190607111612j:image


僕が企画する場合はまずコンセプトを決めます。

どんなイベントをやりたいのか

それにはどんなキャストが必要か

それにはどの位の予算が必要か

イベントは黒字赤字トントンどのラインで開催するのか

イベント参加費用を決める

 

の流れで、決まったら一般告知をして参加者を募るって感じになります。

 


オーガナイザーの方針一つでイベントの中身が決める為、良いイベントになりそうか そうじゃないのか はある程度ここで決まってきます。

 

 

 

そしてDJ!

f:id:lefblog:20190607112248j:image

ダンスには音楽が無くては成り立ちません!そのイベントコンセプトや形式、雰囲気を作り踊り躍らせる音楽を流すDJが居てこそイベントが成り立ちます!

ダンスイベントですから、DJが居なきゃ始まらないし、DJをイベントコンセプトにマッチした人をチョイスする事でイベントのクオリティが何ランクも高い物になります。

ダンサーにもスタイルがある様にDJにもスタイルがあります!如何にイベントコンセプトに沿ったDJに回してもらう事こそ そのイベントで最も大切で重要となる部分だと思っています。

 


そして最後に大切なのがMC!

f:id:lefblog:20190607112940j:image

そのイベントのメインはMCが担っていると言っても過言じゃないくらいです!

 

このイベントにはこのMC!っといった感じで、MCはイベントの看板とも言える存在です。
イベントが始まってしまえばキャスト、ダンサー、観覧者、全ての人がMCのトークを中心に進行していきます。イベントの流れを作り雰囲気を盛り上げ、最後に〆る。

どんなMCでも企画内容通りにイベント進行は出来ると思いますが、上手なMCが務めるイベントはダンサーも観客も楽しませてくれて盛り上げてくれます。そして何よりイベント企画運営側の意図を汲み取り120%以上のものにしてくれるので、上手なMCの存在は安心感が全く違います!

 


体験上も実践上もこの3つがしっかりしてるイベントは漏れなく素晴らしいイベントです!

 


これからイベントを企画してみたい!っと思いの方はもし宜しければこの3つを大切にしてみてください!

 

 

 

 

長くなり最後に言っておきたいのですが、イベントをオーガナイズしてるからって偉いとか凄いって事は一切ありません。

 


新潟のダンスシーン向上の為に…とか

 


誰もやってくれないから自分がやるしかない…とか

 


イベントを開催する理由は様々だと思います。

 

どんな理由があるにせよ、イベント開催するのはオーガナイザーの意思であり、そして開催するからにはオーガナイザー本人に責任があります。

 

 

 

ただ、イベントを企画運営するのは本当に大変です。

企画を考え実行する労力、膨大な事前準備やキャストとの打ち合わせ、そしてイベント予算とエントリー数との兼ね合いでイベント当日まで不安で押しつぶされそうになります笑

 


一度でもオーガナイズした事がある人は殆どの人がそう思うと思います笑

 

 

今はイベントがあって当たり前の時代なのでダンサーさんも観覧する方も全て参加する側の皆さんの自由だと思います。

 

 

なので興味の無いイベントにレスポンスしないのは全然有りだと思います。

 


ただ、もし興味があって、参加したい!観に行きたい!って思ってるイベントの場合はレスポンスが早いとオーガナイズ側は大変嬉しいです!

 


それがオーガナイズする側にとって何よりも嬉しい事であり、次回もイベント頑張る!っと思う活力を与えてくれます笑

 

 

イベントするのって本当しんどいのですが、受けてくれたイベントが楽しかった!良かった!また開催してください!っていうレスポンスが 労力に変えられない「やりがい」を与えてくれます!


そして自分が参加したい様な良いイベントが無い!っと思いの人こそ 自分でイベントをオーガナイズしてみるといいと思います。

今動いている新潟のダンスオーガナイザーさんも殆どのスタートはそこからでした。

 

f:id:lefblog:20190607114023j:image

 

 

さて、そんな新潟でも唯一無二の新潟最大ダンスバトルである「O.D.S」が7月7日に開催されます!

f:id:lefblog:20190607113348j:image

 


「スーパー何処でも受付マン」中嶋も受付におりますので皆さん是非是非お越しくださいませ(^^)

f:id:lefblog:20190607114345j:image

 

 

 

そして我々L.E.Fとしても

8月9月にGLOW 総踊夢 DeKKY夢 が今年も開催予定で現在企画進行中です!!

 


そしてそして!

中嶋個人としても県外同志とタッグを組んで企画中の「きらめきダンスリーグ」

新潟大会が8月18日(日)に開催!

f:id:lefblog:20190607113445j:image
f:id:lefblog:20190607113448j:image


10月20日には大阪で毎月開催されている

ダンスバトルコンテスト「FRONTLINE 」の信越大会も実施予定です!

 


どちらも近く詳細をあげていきますので是非是非チェックよろしくお願いします!!

 


長々とご観覧ありがとうございました!(^^)

 

また次回まで!