ガバ通信〜レコードでの音楽以外の楽しみ方〜

やあ、こんちには、
師走!!

メリークリスマスを終えたと思ったら、もう年越しですよ、
皆さんいかがお過ごし?

ちゃんとプレゼントはもらえましたか?
僕はもらいましたよ、
日頃良い子にしてるからね。

小さい頃ほどクリスマスのワクワクは減りましたが、子供の時はそりゃーもうすごかったですよね。

1番ワクワクしたのは、5歳のときオーレンジャーの合体ロボをもらったときと、
11歳のときPS2機動戦士ガンダムのゲームを買ってもらったときですね。

なんか、東京の通勤列車の人混みの中時々思うんですよね、

「牧場にいきたい」

仕事に行かなきゃなんでいかないんですけどね、
牧場に行って乳を飲みたいですね。

乳はいつになっても飲みたい

とりあえず、
年越しは池谷直樹のモンスターボックスって決めてます

今年は出演するのかな?
ケインコスギ


はい、
話は変わりまして、
今回のテーマいきます。


ズバリ
アートワーク

今回はその中でも、レコードジャケットにフォーカスし、見た目がイカス作品を紹介していきます。

聴くだけでなく、見る、触る、飾る、もまたレコードの醍醐味

 

・iLLSUGi / URbaN mAze

f:id:lefblog:20191226230916j:plain


神奈川県・都内を中心に世界でも人気を誇る同い年イルスギくんの1枚

シックでドープなビートが癖になるインスト中心の作品

ぼくもDJプレイでよく使わせてもらってます

 

 

mndsgn / snaxx

 

f:id:lefblog:20191228012619j:plain

 

去年でた作品かな?

ジャケも可愛いし、音も良いし、現場で非常にお世話になってます。

これもインスト中心のビート集。

 

・med+blu / the burgunby

f:id:lefblog:20191228012846j:plain

 

 

 

Quasimoto / michrophone mathematics

f:id:lefblog:20191228013040j:plain

 

stones throwからQuasimotoの作品。

jef jankというアートディレクターの作品でQuasimotoの楽曲には度々登場するキャラクター。

かわいいですね〜〜〜。

 

 

 

f:id:lefblog:20191228013333j:plain

 

これは最高に可愛いですね〜〜。

よくこれをモチーフにジャケのサンプリングとかされていたりしますが、これ自体がすでにアートのサンプリングがなされてて、かなりイケてよね。

このレコードの曲自体は正直ほとんど使ったことがないです(笑)。

 

 

 

・うる星やつ / ザ・ヒット・パレード2

f:id:lefblog:20191228013656j:plain

 

これは数多く出回っているサントラのピクチャー盤です。

僕がラムちゃん大好きなので、あげました(笑)。

 

 

・Rythm Heritage / DISCO FIELD

f:id:lefblog:20191228013838j:plain

 

BBOYなら皆が知っているであろう、あのBLOCKUSTERを収録した1枚。

個人的に思い入れがあるのと、ジャケの写真の構図が絶妙です。

 

www.youtube.com

 

 

 

・symphonic metamorphosis 

f:id:lefblog:20191228014242j:plain

 

これもbboyなら知っているであろう、あの名曲。

このLP収録のsarrabandeが、アメリカのDJ、DJ LEAN ROCK名義で、マダファカというタイトルで世に流れたのが印象強いだろうか。

LEAN ROCK名義では、ブレイク部分をループしているが、この曲は曲全体の展開が非常に面白いので、是非1曲丸々聞いて欲しい。

 

www.youtube.com

 

 

 

・KANDYTOWN / 30songs

f:id:lefblog:20191228014808j:plain

 

埼玉・東京を中心とする地元の仲間達で結成されたクルー、KANDYTOWNのLP。

このLPにも収録されているダンサーお馴染みのR.T.NはインストもこのLPに入っている。

 

www.youtube.com

 

 

 

 

番外編

 

ガバウォッシュが3年前新潟を離れるときにL.E.Fの皆から送別会でもらったレコード

 

 

・Skillz / Yall Dont Wanna (ブリングさんのレフ皆の似顔絵入り)

f:id:lefblog:20191228015233j:plain

 

 

嬉しい・懐かしい・曲も良い

の3拍子が揃った一枚。

今でも部屋に飾っています。

 

 

 

 

はい

 

ほんの一部だけ紹介しましたが、

レコードの楽しみが曲だけにあらず。

 

ジャケ先行でも、お気に入りを見つけてみても良いかもしれませんね。

 

そこから音楽にハマるも良し。

 

 

音楽はいろんな楽しみ方があります!

 

 

 

さて、

最後は恒例のガバウォッシュが気になる新譜コーナーで〆ます。

 

www.youtube.com

ビデオマニア part.6

どうも!

 

寒くなってきて家でぬくぬくビデオ欲が湧いてきたBaGuです

 

今回も若い世代が絶対観ないビデオを身勝手に自己解釈で紹介していきますm(_ _)m

 

今回は

 

レペゼン名古屋!

 

「Miami face」

 

です!

 

f:id:lefblog:20191218225439j:image

 

まずはこちらの動画からどうぞ

 

 

 

https://youtu.be/OINgTT7kvdw

 

 

は、速いいいいいーーー

 

映像元は日本に第二次ダンスブースを作った

 

「たけしの元気が出るTV」より

 

ダンス甲子園での映像

 

(第一次は映画フラッシュダンス)

 

Breakin'が第一次で流行ったのに対し、

 

第二次ではNew jack swingの音楽と共にいわゆる立ち踊りが流行ったのだが

 

このダンス甲子園で一際目立つチーム

 

それがMIAMI FACE

 

 

僕の勝手な視点言うと

 

1次のブームに乗っかった日本b-boy第一世代は当たり前にフラッシュダンスやビートストリートなどのダンスを真似して上手くなった

 

2次のブーム次ではPV全盛期であるのでアーティストのPVに出てくるダンサーを真似するのが当たり前だったと思います

 

いかにアメリカ人ぽく踊るか

 

いかに最新のアメリカのダンスステップを踊るか

 

が、この当時のイケてる・イケてないの判断基準だったのかと勝手に思います

 

 

ですが!

 

MIAMI FACEは音楽めっちゃいじって

 

勝手にゴーストandピテクスてネーミングまでして踊ってるw

 

https://youtu.be/kulcD7pEgfk

 

 

これって

 

オリジナルってモノを追求し出した日本人のトップバッターなんじゃないかなと僕は思います。

(違ってたらすいません)

 

曲のBPMを速くして踊るって良い意味でも悪い意味でもいわゆる

 

日本人的

 

 

僕の息子もBPM遅い曲よりDAPUMPのUSAの方がめっちゃ踊るしPPAPは本能で踊ってましたw

 

オリジナルをやるにしても

 

そこまでにやってきたことが見えるか否かで全然違うと思います

 

 

たぶんこのMIAMI FACEのダンスを見て

 

みんなと違っててイイね!て人と

 

なんか黒人ぽく無いね〜て人と

 

二分すると思うんです

 

 

 

僕は断然、前者で

 

黒人ぽく〜バイブス〜なんて糞食らえと思ってる人間なのでMIAMI FACEがめちゃくちゃカッコよく見えました!

 

これが約30年前のダンスって

 

現代のダンスシーンで良い意味でこんなアホな発想とダンスするやつ出てくるんか!?

 

 

て考えるとさらにカッコよく感じます

 

 

ちなみにメンバーの皆様は全員とまでは分かりませんがダンスを踊り続けてるということなので完全にHIPHOPですね

 

以上!今回はMIAMIFACEでした!

 

最後にダンス甲子園の決勝の映像を御覧ください!

 

 

https://youtu.be/0qxFUBXKgpk

 

 

それでは!

俺たちのプラハ

 

f:id:lefblog:20191213133735j:image

 

bboyのメッカであり新潟ストリートダンサーのサンクチュアリ(聖地)であり精神と時の部屋的存在「プラハ

 

もともプラハには「アンダーウォーターバー・プラハ」という最高に丁度いいホンダ・フリードのような箱のクラブがあり、その名残で今でもプラハと言われている。

 

あ、どうもBRING BACKです。

 

私も良く通っていた、月4で通っていた、ヒップホップ、テクノ、ハウス、レゲエ、色んなイベントに行って夜な夜な、酒と音と女の子と友達とのランデブーを楽しんでいた。

 

そんなプラハ、最近は行けていないが、皆んなのインスタのストリーズにプラハで練習している様子が出てくると嬉しくなる。

 

私がプラハに通い始めた時期はダンスを始めてから3年くらい経ってからだろうか、当時の初心者バトル、今でいうミニアンダースタンドで初めてバトルに勝利し、bboy達から「プラハ来なよ」とか「一緒に練習しようよ」と声をかけてもらったのがきっかけだ。

 

当時のプラハと言えば新潟トップクラスのbboy達が集まる練習場所で、新潟の大看板「.ベヒーモス」や、当時の若手実利者チーム「ユニゾニクス」が各々のスキルを磨いていた。

 

もちろん私もいつかプラハで練習したいと思っていたが、正直ビビっていた、ヘタクソな自分があの聖域で練習出来るはずもないと考えていたのだ。

 

意を決して初めてプラハに行った日、凄い緊張した、しかしそれと同時に自分がbboyの聖域に踏み込んだことが嬉しかった、ずっと家の古屋や仏間、豊栄駅などで1人で練習していたからで、誰かと練習できる事でモチベーションも上がるからだろう。

 

ありえんスキルをストイックに練習するbboy達に混じり、周りに流されまいと自分の練習を心がけた、凄い恥ずかしかったけど圧倒されてはいけないと自分に言いきかせながらヘタクソなダンスを練習した。

 

bboyは基本的に優しい、クルーはあるものの練習になればお互いのスキルを共有したり高め合ったりする、私にも皆んな優しくアドバイスをくれた、聞けばやって見せてくれたし、丁寧に教えてくれた、自分の練習しているスキルが成功すれば拍手をくれたし「ヤバイね!」と言ってくれたり正直メッチャ嬉しかった。

 

川野のヘッドスピン、カネケンのパックスピン、クリキンのボムパチパチ、ナオヤ君のエアーチェアー、アシタカのワンラビ、門前の異次元の動き(早すぎて見えない)、レンガさんはずっとレンガさん、刺激しかなかった。

 

そんなプラハの練習は自分のダンスの基盤になっている、やればやるだけ成長出来るって気付けたし、周りのbboy達にどうすれば追いつけるか?そんな事を考えてプラハで練習していた。

 

いつしか自分の中でダンスが趣味からライフスタイルに変わって行く、万代シティーと季節を感じながらプラハで踊る日々、何よりプラハは景色がいい、BP1とBP2に挟まれたスペースはいい感じの照明と都市の雰囲気がストリートのdopeな部分を演出してくれた。

 

友達との飲み会よりもプラハに行きたかったし、飲み会前の0次会はプラハで練習した、女子とのデートもプラハ帰りの汗臭いまま行ったし、暇さえあればプラハに行ってたんだ。

 

プラハに行くときは服装も気にしていた、なるべくカッコいい服でストリートで踊りたかったからで、bboyキャスパーやナスティーレイ、キッドデイビットの真似をしたファッションで踊る

 

デニムジャケットヒラヒラさせたいんじゃ!!

 

シャツ前開けてヒラヒラさせたいんじゃ!!

 

ストリートでボロボロになった靴に愛着も感じるし、ストリートで会う人々とのコミュニケーションは楽しい。

 

今となってはお馴染みのbboyドンファンも、いきなりプラハに現れ「ウィンドミルがしたいから教えてくれ!」といって、ひたすらプラハウィンドミルをやっていたくちだ、たしかヘビーも上手かった。

 

そして私がプッチョのレッスンに通うようになり、サイファーのやり方だったり、ダンスの部分を学ぶ中で、プラハでよくサイファーをするようになった。

 

特に一緒にやっていたのはbboyトムとbboyドンファン、自然と集まってずっとサイファーしたりした(むっちゃ疲れる)そのときはプラハにあまりbboyが集まらなくなっていた時期だったので、自分の中では数少ない同志のような気持ちだった。

 

一瞬でビチョビョになる暑い夏も、冬の冷気で肺が苦しい冬も、俺たちはストリートが好きだったんだ。

 

そのときのおかげで自分のダンスが1段階上に上がったのを実感しているし、何より楽しかった、サイファーでいい踊りが出来た日は気分が最高だった、誰かがブチかまして自分もブチあがったし、更にブチかまそうとしてサイファーが盛り上がる。

 

そりゃもうムッチャ盛り上がる。

 

やべー勢いでスゲー盛り上がる。

 

バトルやショーケースとは違う「正解」みたいな物がそこにはあった気がする、日々の練習、いや、練習と言うか、ダンスか。

 

日々のダンスが最高なら最高だと思うんだよ。

 

最近、久しぶりにプラハに行ったらbboyがやっぱり居て、やっぱりサイファーした

 

変わらずプラハは気持ちよくて、私を迎えいれてくれた。

 

また暇を見つけては、ちょいちょいプラハにいきたい、ストリートで踊る事が大好きだから。

 

もし私がジジイになっても、まだプラハにbboyがいたらジジイなりのダンスで混ざりたいと思ってる。

 

ストリートの思い出はあり過ぎるのでこのくらいにしとこう、、

 

 

 

ぽやしみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アツシの狂人遊戯〜クセがすごい〜

今年ももう1ヶ月を切りましたね。ほんと早い早い。恐ろしいです。


みなさんお元気でしょうか。狂人アツシです。


みなさんどんな一年でしたか?思い描いた一年だったか、はたまた予想だにしなかった一年だったか…それぞれあると思います。僕は目標は達成しつつ、発見も多い一年だったなって感じです。

 

 

ってことで今回僕がお話するテーマはこちら。

 

 

 

「若い時の人生設計(ライフプラン)なんて、立てもほぼほぼ意味ないっけやめなせー」

 


で、ございます。

 


今日はこれについて自分の考えを書いてみようかなと思います。特にこれは「人の思いや気持ちに自分が左右されやすい人」に向けてって感じです。真面目ですんませんw

 

 

 

 


ではスタートです。

 

 

 

 


僕ね、バカなんすよ…すげーバカなんす。でもバカなりに20代の時、結構本を読んできたんですよね。いわゆる「自己啓発」ってやつ。なんかビジネスで成功してる人が出してるありがたい人生哲学みたいなのが書いてあるやつ。こうやったら成功するよー、勝ち組になれるよーみたいな。意識高い系ですね。そーゆー本にだいたい書いてあるのはこれ

 


「人生の計画を細かくたてて、それを達成して生きていけ!

 


みたいなやつ。まぁ例えば

 


27歳で独立して30歳で結婚 、32歳で子供を作り家を建てる!40歳で年収○○○万円!


みたいな。

f:id:lefblog:20191206100513j:image


若い子でもこれやりたがってる人、結構居ると思うんすけど…

 


これ、あんま意味ないですねww

 


今の自分を想像できてた人って、一体どれくらいいる?小学生とか中学生の時に10年後20年後を想像して、その通りになってたよって人、どんくらいいるんやろ?

好きなことに出会い他には目もくれず明確な夢をもって走り続けた人は想像通りになっていたかもしれないけど、そういう人はやっぱり少ないかなって思います。予想だにしないことも起きるし、どんなものに触れてどんな人と出会うかなんてわかるわけないですよね。

ああやってライフプランを立てたけど、実際やってみたらなかなか上手くいかないみたいなパターン、結構あると思うんですよね。それはその人の性質とライフプランの性質に大きなギャップがあるからだと思います。自分に向いてると思ってたり好きだと思ってたことが実はそうでもなかったっていう。

f:id:lefblog:20191206100601j:image

 

 

これは僕の話なんですけど、

「自分はこういう人間でありたい!人として、男としてこうあるべき!こういう人生なら周りからすごいって思われる!親が、周りの人が喜んでくれる!」

 

  
みたいなのが30になるくらいまで凄い強かったんですよね。だからバカなくせにさっきみたいな人生計画立てたりとかしてたんすよ。

まぁいわゆる「理想」ですよね。ライフプランってのは「理想」なのかもしれないです。

ライフプランを立てたことでそれが生きる活力になる人と逆にプレッシャーになってしまう人がいるんじゃないかなって思います。僕は完全に後者でした。

 


途中まではなんとか達成したんすけど、年齢を重ねていく中で、そして結婚して結婚生活を経て離婚(離婚なんて全然プランの中に入ってないのよw)をしてとか、独立して一人でやってみてとか、あと色んな人と関わっていく中で、自分の性質みたいなのが見えてきたんですよね。何が好きで何が嫌いか、何が心地良くて何が不愉快か。そうしたら、あれあれ?ってなるんですよね。いつの間にかライフプランや理想を目指して生きてるんじゃなくて、ライフプランや理想に縛られて生きてるということに気づいてしまったんです。

自分の立てたライフプランは自分のためじゃなく、誰かのためだった。親や恋人や世間のためだったんです。もはや世間のためとかどゆことーって感じw

f:id:lefblog:20191206101917j:image


ワイの人生、なんやねん。誰の人生やねん。誰のために生きてんねん。ってな感じになったんです。

すごく生きづらく生きてたって思うんですよね。

 


そんなことから僕が思うのは、まず自分がどんな人間なのかを知ることと、世間一般の「まとも」の価値観にとらわれず、自分の中で大切なことを見つけられたら凄く生きやすいんじゃないかなって思います。でも色んな思いが邪魔してきたりするんですけどね。

僕は人に左右されやすいくせに本当は自分を曲げることができないという、すごく愚かな人間なんです。だから僕もまだこれを全然できてないんです。でも諦めたくはなくて、少しずつでも自分に正直に、自分を解放していきたいって思ってます。イビツな自分を受け入れていきたいです。

f:id:lefblog:20191206101347j:image


生きてると感覚や価値観って変わっていくじゃないですか?その自分の変化に柔軟になれたら「自分の人生」を生きれるのかなって思います。

誰かが決めた幸せを生きるのか、自分が決めた幸せを生きるのかみたいな、まぁこれは極論ですけどね。もちろん人の幸せを体感してみたら凄い良かった!ってパターンもあると思います。

 

 

 

この仕事自分に合ってると思ったら全然合ってなかったー!でも専門学校行って、なんなら資格までとったし続けなきゃー!


とか


人に俺は将来こうなるんだ!って周りに言い過ぎて今更やっぱやめたとか言いづらー!でも今全然楽しくないよー!しんどー!


とか


こうなってる人がいたら、そんなの気にしなくていいと思うんで、どんどん方向転換して欲しいなって思います。そっちの方が好きなことに行き着く可能性が高いと思うんですよね。

ちなみに僕は整体は向いてるけど商売は向いてないなって思ってますw自分で店やってて思いますw

 


もっとまとめるとこれですね。

 


自分のご機嫌を自分でとったら、自分の人生になるんじゃね?


ってことですね。自分がご機嫌でいられるもの見つけていったらいいと思います。

これも結局今の僕の答えでしかないんで変わるかもしれないですけど。

 


そして最終的にトークテーマ自体が変わってしまってるかもしれないっていう。これで僕がバカだということは分かってもらえたかなと思いますw

f:id:lefblog:20191206102423j:image

 

ということで、みんな今年も相手してくれてありがとう。

f:id:lefblog:20191206103605j:image


みなさん良いお年を!

 

そいでは!

 

 

 

 

気ままにAoyama#6「韓国」

アニョハセヨ

 

今週担当Aoyamaです

 

 

歳を重ねるごとに1日、1週間、1か月、1年がすごい速さで過ぎ去って行く感覚です

 

こないだまで半袖だったのに雪降っとる…

 

さてさて

 

タイトルの通り今回は韓国について

 

今月韓国に行ってきました

 

2年連続2回目

 

甲子園の出場校紹介みたいになりましたが

 

日本のお隣韓国

 

知ってる人は知っていると思いますが

 

意外にお安く行ける海外です

 

ちゃんと交通やホテルなど練っていけば国内の遠い所行くのとさほど変わりません

 

いやむしろ安いくらいか?

 

嫁ありがとうm(__)m

 

新潟からだと様々な行き方があるので調べてみて下さい

 

で、今日本と韓国険悪なムードですよね

 

大丈夫?って不安になる人もいるかもですね

 

なんで仲が悪いかというと

 

 日本以下J「うちのもの韓国に優先的に輸出しとるけどそっちの書類なんか不透明なグレーな部分あるからちゃんとだしてー」

 

韓国以下K「いやないんだけど」

 

J「じゃぁ優先的に輸出すんのやめるねー」

 

K「なんでよ!そんな事するならうちで得た他国の軍事情報シェアすんのやめるね」

 

J「今それ関係ないやろ!」

 

アメリカ「まぁまぁ」

 

今ここ

みたいな流れですかね?

 

合ってるかわからんけど笑

 

他にも色んな情勢が絡んでお互いマウント取ろうとしてる感じだと思います

 

これはあくまで政治的なお話で国同士のやり合いって感じです

 

なんで韓国の人は政治に対して良い印象はないかもですが日本人が嫌いって訳ではないように感じます

 

むしろ日本人に対して好印象の人が多いのかなぁって感じるので安心して街を歩けます

 

特に女性の方はグルメやコスメなどのショッピング、よう知らんけど、マッサージやエステなどなどやる事いっぱいあるみたいです

 

男性諸君達は…ひたすら飯を喰らうくらいですかね笑

特にやる事はないです笑

 

f:id:lefblog:20191129085928j:image

はいサムギョプサル

 

この真ん中にあるのが醤油ベースのタレになるんだけど、これがめちゃくちゃ美味かった

 

「麻薬ソース」ってなんかに載ってました

 

沢尻ソースでも今は良いかもですね

 

ブラックジョーク

 

f:id:lefblog:20191129090313j:image

 

東大門

 

え…写真が

 

ねーーー!!!

 

普段から写真を撮る癖ないから全然ない

 

ラーメン位しか撮らない。。

 

f:id:lefblog:20191129090444j:image

 

日本に帰ってきてソッコー食べた上野のラーメンならあるのに

 

で、まぁ旅行がてら向こうのバトルにもでできたわけですが

 

f:id:lefblog:20191129090753j:image

 

200人以上のエントリーが集まるHIPHOP battle

 

 kidsほぼいなくて大人だけでこの人数

 

勿論レベルも高く、いつも通り2回戦BOYでした笑

 

f:id:lefblog:20191129091219j:image

 

普段写真撮らないんだけど

 

私の右隣の子

 

ナナと韓国でばったり合う

 

いや韓国でばったり合うて笑

 

地元が仙台で今は大阪でdance頑張っている子

 

短パンをこよなく愛し寒くても短パン履いているので短パン小僧って言われてます

 

でもちゃんと本戦上がってます笑

 

握手しているテリー

 

去年もテリーがjudgeで入ってたんだけど、

 

バリバリの日本語で喋ってくれます笑

 

2年連続写真ありがたい笑

 

僕は韓国語も英語も喋れないけど、自分が踊ってる時にアクションがあったり、なんか喋りかけられたり、音楽とdanceに言葉の壁はないなぁって感じます

 

いいもんにはリアクションが返ってくるし

 

韓国はClub文化も凄くて毎日色んな箱で色んなイベントが行われています

 

まぁチャラ箱なんだけど笑

 

全員ニートなんかって位平日、日曜日夜とか人が入っていて毎晩楽しいパーティーが行われています

 

チャラ箱で踊ってたらスタッフのおにーさんがわざわざ通訳アプリ使って話しかけてきてくれてビール奢ってくれました笑

 

出入りも自由、1000円2ドリで入りやすいし、特に危なくないので夜の観光がてらふらっと入っても全然ありだと思います

 

最近Clubディスがメディアに取り上げられてますがあくまで一部の人らの行動でそんな感じではないです

 

ほとんどの人が純粋にお酒や音楽を楽しんでそこに集まった人らで楽しく話したりする場所なんで、悪いイメージ先行しがちですがそんな事はないよって言っときますね

 

話それた

 

そんなこんなで楽しい韓国を満喫していたのですが、

 

やってしまいましたよ

 

Aoyamaやってしまいました

 

 

スーツケースの鍵を失くす

 

もうね

 

普段あんまり物なくさないんですよ私

 

どっちかってゆーと嫁担当のポジションなんだけど

 

YouTubeでスーツケース 鍵 開け方

で検索して

 

コンビニで安ピン買って

 

ピッキングしたわけで

 

 

ガチャ

 

 

 

 

開くわけねーー!!

 

素人が一生懸命こねても開くわけないんよ!!

 

次の日鍵屋さん呼んで開けてもらいました

 

6000円かかりました笑

 

教訓

 

スペアキーは別で保管

 

なくすわけないと思ってスペアキースーツケースに入れっぱでした笑

 

まぁそんなトラブルも思い出の一つ

 

ご飯も安くて美味しいし、日本人の口にも合うと思うし、交通の値段や時間も考えると行きやすい国だと思うので皆さん機会があれば是非行ってみてください〜

 

share the good Time👍

 

 

 

NAKASANPO 6歩目

今週のL.E.FブログはNAKAが担当致します!!

 


ここ最近ダンスやイベントの事を書く機会が多かったので食関係の事を書きたいと思います!!

 

 

 

今1番ハマっている食べ物!!

 

 

 

それは!

 

 

 

 


スコーンです!!!

f:id:lefblog:20191122113319j:image

 

 

 

 

 

わたくしNAKAといえば食べるの大好き 甘いの大好きな訳ですが、ここ最近めちゃくちゃハマっている食べ物が!

 


そう、スコーン!

f:id:lefblog:20191122114611j:image


こちらのお店!スコーン専門店「Scone Factory Glasgow(スコーンファクトリーグラスゴー)」はスタジオROOTS近くの西区山田に昨年出来たお店で、小さいながらテイクアウト専門店としては丁度良いスペースの大変お洒落なお店です!

f:id:lefblog:20191122113351j:image
f:id:lefblog:20191122113342j:image

 


こちらのスコーンは所謂イギリスタイプのスコーンで、スタバなどで置いてあるタイプとは違いビスケットを厚く大きくした様なタイプ!

 


種類も豊富で、レギュラーの種類+季節の限定味などもあるので飽きる事なく また1つ1つの大きさも手頃な為ペロっと2つくらい食べれてしまいます!

 


ご夫婦で経営されている為、16時30分まで尚且つ売り切れの場合は早終いになる為、オープン前からお客さんさんが待ちの並びになる事もあります。

 


個人的にマストなチョイスとしては

 


紅茶

f:id:lefblog:20191122115025j:image


ナッツ&チョコチップ

f:id:lefblog:20191122113429j:image


ヘーゼルナッツ&チョコレート

f:id:lefblog:20191122113443j:image

 

 

の三種類は毎回買います!

 

他にも

 

チャイ

f:id:lefblog:20191122113415j:image

バナナ&黒ごま

f:id:lefblog:20191122113747j:image

いちじく&くるみ

f:id:lefblog:20191122113758j:image

シンプルな味を確かめたいならプレーン!

f:id:lefblog:20191122113455j:image

アイシングがかかったレモン&ピスタチオ

f:id:lefblog:20191122113507j:image

など、レギュラーメニューの種類もかなり豊富!

 

今時期限定の味としては

抹茶&クランベリー&ポビーシード

f:id:lefblog:20191122113943j:image

が期間限定となっております。

 

 

そして今週から新メニューとしてしょっぱい系スコーンのチーズ&オリーブが新登場の予定です!甘い系としょっぱい系の無限ループが可能になり止まりません!!

 

大変オススメのお店なので一度は是非!

f:id:lefblog:20191122114611j:imagef:id:lefblog:20191122113626j:image

 


:Scone Factory Glasgow(スコーンファクトリー グラスゴー)

住所:新潟県新潟市西区山田249

営業:10:30~16:30

定休:月曜、第2・第4日

 

 

 

 


そして!

 


来週末はCUT IN PARK!

 


今年は2Daysの開催でチャンスも多いみたいなのでこちらも是非!

 


https://cutinpark.com

 

 

 

スタジオルーツでは CUT IN PARKが行われる万代島駐車場のお得な駐車券も販売しておりますので エントリー&観覧に行かれる方は是非ご利用ください!

f:id:lefblog:20191122114223p:image


それではまた!!

 

 

 

                        

                          

                       

 

 

 

 

 

 

なんといっても

こんちにはくっきーです!

 

 

 

 

 

なんといっても!

こんなタイトル付けてますがなんといってもこれ!!みたいな感覚なんてありません、全部好きです

 

くっきーです

 

という事で始まりましたくっきーずなんといっても!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい

 

 

 

ジブリが好きなんですと紹介してましたが、もう手持ちフィギュアが足りなくて、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嗚呼、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嗚呼、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青春の、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々よ〜

 

 

という事で僕ゆずも好きなんです!

聞いてください!ゆずで、

嗚呼、青春の日々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青春かぁ、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう28だしなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青春なんて、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを見て思い出しましょう!!!

 

 

 

 

 

 

デデン!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lefblog:20191115205136j:image

 

 

 

 

 

ちはやふる!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大好きな青春映画!!!

今回はちはやふるを紹介したいと思います!!!

 

僕は映画から入りました。

面白い面白いなんて聞いてて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またまたー、そーんなうまい話あるわけ、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けけけ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けけけけ!!!

 

 

 

 

 

なーんて思ってたわけですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

泣きました😭

大泣き小泣きです

 

 

 

僕は思いました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子泣き爺なんだと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通に子泣き爺なんですわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はまっけんを初めて見てなんだこのとてつもないイケメンはとも思いました。

 

 

 

 

 

 

 

っとそんなこんなでレンタルじゃ飽き足らずDVDを買ってしまったのですがそれでも飽き足らず漫画を集める事に!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで衝撃の事実が判明しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画の肉まんくん

f:id:lefblog:20191115211012j:image

 

細くてちょっと頑張ってる感じの、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫画の肉まんくん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lefblog:20191115211122j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふくよか〜っ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ておーいっ!!!!!

 

 

 

パンッパンやないかーいっ!!!

 

 

 

てなりました。

 

 

 

 

 

でもどっちも好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもどちらかと言うとローソンの肉まんが好きです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でですね、

初めは本屋さんでちはやふるを探して買う、

 

 

 

 

これに夢中で気づかなかったんです

 

 

 

 

 

 

 

そう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひたすら少女漫画のコーナーをうろうろしている事に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかハッとした時には時すでに遅くほとんど集めおわってました

恥ずかしいですよね

 

 

 

 

恥ずかしい

 

嗚呼、恥ずかしい

 

恥ずかしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別にそんな恥ずかしくも無いんですけどね

 

 

 

 

 

でも気付いてからは少し気にしちゃってて

 

 

 

なので最近は背表紙の華やかなちはやふるを遠くから遠目で探し、

 

 

 

 

 

 

見つけたらサッと、素早く、かつ丁寧に、キズをつけず

 

 

 

 

 

 

 

スマートに取り去り抱え込みお会計を手早く済ませるスキルを身につけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもまた青春です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はくっきーが好きなわけではありません